老年に差し掛かり初めての自分異国トリップはお寺が素晴らしかった

わたしは目下49年代になりますが、7階級前の夏休みにいよいよ自ら外国お出かけをしました。外国訪問で行った大都市なのですが非常に気に入りまた行きたくなりました。そうしてホテル・エアーチケットを手配し航海でないお出かけにしました。
行ったお出かけ最先端は中国のアモイという大都市で中国福建省における大都市です。こういう大都市には成田空港より直行便が出ていますがわたしは出身の為都内から出発するには遠すぎたのでミドルインターナショナルエアポートより香港経由でアモイに入りました。成田から4年月近くですが香港で乗り継ぎから7年月くらいかかりました。
なぜアモイにお出かけにいったかというと外国訪問で赴き地面第六感が少々あったのと行きたい周辺が二つあったからです。一種瞳は南普陀寺というお寺です。中国も有名なお寺で、佛と書かれている大きな石があります。教科書で見たことはありますが自分の目で見たかったからです。二つ瞳は海湾公園です。夕日が綺麗な周辺と聞いていましたが現に行ってみると海に面しているので海に沈む夕日が心から佳麗でした。癒されたいという気分があったのだと思いますがこういう2つの地方が目当てでした。
レストラン報告としては和風食・インド食物・タイ食物・韓国食物とさまざまな原野のレストランがあります。日本食会社以外は中国語が必要です。Englishも通じない会社が多くあります。
宿屋は日本語やEnglishが生きる場合があります。タクシーも自ら乗っても安全な周辺ですが中国語が多少なりとも話せないと難しいです。
機会があれば再び行ってみたいと思います。名勝も僅かのでゆっくりとまわることができるし、ゆったりとした年月を持つことができます。色んな金融業者からの借金相談はコチラから