飛行機での長旅もまたおかしい、緑あふれる欧州の北のナショナリズム

北欧の世の中、スウェーデン。冬季が長くて寒い雰囲気。
そういったスウェーデンに15階級にわたり文通をしている(メールアドレスがあるのに今時文通!)ヘレンに30歳の夏に会いに行きました。
ただしスウェーデンは遠い。航空で15タイミングくらいはかかります。ようやっと出向くのだからヘレンのいる通りだけでなく何やかや周ろうと思い、調べていくうちに素敵な島があることが立証。
『薔薇と廃墟の街角、ヴィスビー』。自ずとメインはその島に。
通り路はヘレンのいるスウェーデン第二の都会、ヨーテボリに入り2泊してヘレンに会い、3お日様瞳に列車でストックホルム経由で航空にのぼりヴィスビーへ。なので2泊してまた航空でストックホルムに舞い戻り2泊して帰省としました。
雰囲気としては、関西飛行場で大阪に入り、都内をいったん経由して佐渡島に行き、また都内に戻って観光する、という感じです。
島への往復の航空はインターネットで日本で奪い取りましたが、ヨーテボリからストックホルムに向かう列車の切符は取りませんでした。インターネットで取ろうとしましたが、スウェーデン語になってしまいわからなかったのです。但し手引きなどで調べると、列車の切符は即日でも問題なく取れるとのことでしたので、フィールドで食することにしました。

いざスウェーデンに行くと、まったく素敵な世の中です。聞くところによると冬季は日の入りが手早く、15うち頃には暗くなってしまうとの実例。その代り私の行った夏は22時でもテニスが出来そうなくらい明るかったです。川べりでただ座っているだけのパーソンがすこぶる多いことか!人々は全部こういう貴重な明るさ暑さを謳歌していました。そうして顧客だけではありません。木々も今の間とばかり青々としていて空も川も洗い浚いが輝いて見えました。ちゃんと清々しい爽やか天候でした。
ヘレンの報道でヨーテボリの巷を観光し、名物ですミートボールも食べ、喫茶店に行ったりと初対面、旅を満喫して毎日はアッという間に過ぎて行ってしまいました。初めて翌日からはスウェーデンセルフ品行。薔薇と廃墟の街角を楽しみに眠りについたのです。
翌日。ピンチ偶発!!飛行場に行くまでの列車の切符が取れない!!こんなことは乏しいはずだったのに。。。階級に1度のお祭り、夏至祭だったのです。国中の顧客が移動するらしく、ストックホルムに行く切符がどうしても取れず、受け付けで相談するにもだめとのこと。タクシーは?と尋ねると、さんざっぱら費用が要るからお勧め止める、とまで言われ途方にくれヘレンに緊急連絡を入れたのです。
しばらくするとヴィスビーまで出向く通り路を調べてくれ、駅舎まで来てくれました。航空ではなく、フェリーで行く通り路。しかしこういうフェリーに股がるまで、ローカル線でスウェーデン我が国を通行しなければならなかったのです。ローカル線2正式そうして銭湯。当時の私の英語能力はTOEIC500職場行くかいかないか。スウェーデン語はもちろん話せず、英会話、というよりジェスチャ-拠り所。こわいのなんのって。ヘレンはローカル線のHOMEまで来てくれたけど、すでに不安で不安でたまりませんでした。
列車はそれなりに混んでいて、満席。立って要るパーソンもいました。長い顎鬚のムキムキマンで腕に入れ墨をしているお兄さんがいたり、皆が怖く見えて、そして飛び降りる駅舎も間違えないかと不安で。現在思えばわたしが一番怪しく恐ろしいパーソンだったのでしょう。得体のしれないアジアパーソンが挙動被疑いキョロキョロしていたのですから。その証拠にどのボックス台は満席だったのに、私のポイントだけ誰も来なかったのですから。駅名はスウェーデン語。聞き取れません。なので車掌ちゃんに備忘録を見せ、降りたいことを伝えて置き、いざ教えてもらいました。
銭湯に股がる時折、親切なほうが私の根深いスーツケースを持ってくれたり、懸念の中にもホッとする一コマが充分ありました。スウェーデンパーソンは親身、そして気づいたのですが街角のそこら中に英語の書店があるのです。そのためユーザー英語が満喫でした。無事にヴィスビーの通りに着いたところは日にちの変わった早朝0うち。宿屋についてすっと熟睡につきました。翌日からはさぁ!究明!!実際素晴らしかったです。巷に薔薇が咲き乱れ、薔薇のトンネルがそっちかしこに。そうして協会の廃墟も点在していてどうしてフォトを撮ってもイラストになります。宮崎駿ディレクターの魔王の宅急便のバリエーションになった位置、とも言われています。本当に素敵で、ちっちゃな街角につき、アッという間に一周してしまいますが、2お日様いても飽きませんでした。
ストックホルムに行くときは無事に列車に股がることができました。ストックホルムでのお気に入りはガムラスタン。古くさい町並みですが、こういう石畳の通りが何とも味があります。そうして『水の都』『北欧のヴェネチア』と呼ばれているようにそっちかしこに川がながれ、船で旅できます。日本語のヘッドホンもありましたが、???の作文もあり、わたしが吹き替えしなおしてあげたい、と思ったくらいです。ですが、水上から見分ける街並みもこれまた素敵でした。
セルフ旅につき食堂にはほとんど混ざることが無く、残念ながら美味しいものにはあり塗り付けませんでした。治安はとても良かったです。まぁ、夏はお日様が長い、というのもあるのでしょう。またスウェーデンのJRの駅舎はそれ自体が博物館のようでした。邦人がプラモデルしたという駅舎もあります。まさか足を延ばして見に行ったりと、実にずっとタイミングが欲しかったです。
この度では思わぬアクシデントで、予定通りにはいかずに心もとない想いをしましたが、結局、また行きたいとしていますし、また必ず行きます。真意外の我が国通行をしましたが、その通行した途中でみたシーンが、心に余裕のなかった私ですら華麗、秀逸、ここにステイ狙う!と思わせるほどの物質だったのです。今度は道筋に迷ってではなく、そこを行先として行こうと思っています。またスウェーデン人の優しさを感じる有難い旅でした。無論旅は自己責任。事態を外さなければ、如何にも素敵な旅がスウェーデンでむかえると思います。借金地獄から抜け出すならこの法律事務所に相談してみて